私がパチスロに行くのを止めれた理由

ilm16_ad01022-s私も実はパチスロにはまっていた人間でした。

 

きっかけは、会社の先輩といって打ったことです。

 

そのときは、別にたくさん出たわけではありません。しかしながら、負けず嫌いの性格がでてしまい、またいってしまいました。

 

そして、二回目のときにたくさん出てしまいました。そのときからはまってしまい、暇さえあれば行くようになっていました。

 

一時は稼ぐことも出来たのですが、次第に負けはじめてきました。

 

私がやっていたのはハマり台の天井狙い。まず台を探すのに時間がかかり、あっても負けることもあり、勝っても閉店間際まで打って肩こりになっていました。

次第に金のことばかり考えて、心が荒んできたのを覚えています。

 

そして、私がパチスロを行くのをやめれた理由ですが、私は新しく趣味を見つけたからやめれました。

 

私がパチスロに行くときは、いつも暇なときでした。
つまり、その暇な時間を潰せばいいと考えました。

 

この暇な時間を潰す方法のひとつとして、友達と遊ぶことを考えましたが、いつもいつも友達も暇なはずがありません。

 

そこで、新しく趣味をつくることにしました。

 

そして、新しく作った趣味がドライブです。

ドライブで景色のいいところに行き、コーヒーやアイス、ご当地品といったものを飲んだり、食べたりするのが楽しいということに気づきました。

 

その結果、パチスロに行くことは減り、それとともに貯金も増え、時間も増えました。
その結果洋服や食事にお金をかけれるようになりました。

 

結果的に収支はマイナスのまま終わってしまいましたが、いい勉強になったと思います。

 

パチスロに行くよりも新しく趣味を見つけて、その趣味に時間をかける方がもっと楽しくすごせますよ。