今、本当に大事な分岐点です!パチスロを止めたいあなたへ

ilm16_cd05010-sこれまでたくさんのお金をパチンコに使ってきたことでしょう。

 

いくら使ったのかわからないし、わかりたくもないでしょう。

 

ですが、今あなたはパチスロを止めたいと思っています。

 

本当によくここまで頑張りましたね。

いくら周囲の人が言っても、自分で自覚しないことには始まらないのです。

 

その意味でよくここまで辿りつきました。

本当に立派です。

 

今あなたはとても大事な岐路に立っています。

ここでしっかり方向を見極めて正しい方向に進めば、これからだっていくらでも挽回可能です。

 

でも、ここで踏み切らないとまたずるずる元の木阿弥に戻ってしまいますよ。

今、本当に大事な分岐点にいるのです。

 

それではどうしたら、またパチスロの世界に戻らなくていいでしょうか。

はっきり言いましょう。

 

これまでのあなたはギャンブル依存症でした。

まずそれを自覚して下さいね。

 

でも大切なのは、「これまで」じゃなくて「これから」なのです。

大丈夫、あなたならきっと依存症から抜けられます。

 

まず、これまで1日どれくらいパチスロに費やしてきたのか、時間とお金を書きだしてみましょう。

 

あまり昔からは無理でしょうから、取りあえず今月分だけでいいですよ。

手もちのカレンダーの余白に、1日どれくらいの時間パチスロをやっていたのか、いくら使って来たのか、書き込んでみましょう。

 

1月分書き終わりましたか?そうしたら電卓を使って合計してみましょう。

 

一月何時間くらいパチスロに使っていますか?いくら使っていますか?

今度はそれを12倍したら、1年分の時間数と金額が出ますね。

 

何年もこのような生活をしているのなら、その年月も計算してみましょう。

大体の目安ですが、これまでどのくらいの時間とお金をパチスロにつぎ込んできたのか、はっきりわかるでしょう。

 

大事なのはまずこの事実から目をそむけないということです。

これだけの金額があったら、あなたは好きな車も海外旅行も出来ていたのではないですか?

 

パチスロから抜け出すためにも、あなたが今まで使った金額を大きく書いて壁に貼っておきましょう。

 

あなたが稼いでつぎ込んだお金は、全てパチスロ業界の儲けになっているのです。

もうこれ以上、彼らに甘い汁を吸わせることはありません。

 

今度はあなたが幸せになる番です。

あなたは決して一人ではありません。

 

ネット上にもパチスロ依存症を克服した人の体験談がたくさんあります。

あなたのお金をもうこれ以上、パチンコ業界に寄付する必要はないのです。

 

例えばお金のかからないゲームを試しにしてみたり、他に趣味を見つけることから始めてみてはいかがでしょう。

依存症を治すには3カ月やらない状況を作り出す事

evt1019-sパチスロ・パチンコにハマってしまうと、気がつけば店に行き、時々勝った時の快感が忘れる事が出来ずにまた店に行ってしまうという流れが出来てしまいます。

 

負けても負けても勝った時の印象が強くて、それを求めて台に座ってはお金を放り込んでしまい、損失と利益を見てみると明らかに損失の方が大きいのに辞める事ができない依存症に陥ってしまう方は多いです。

 

タバコや酒と同じで辞めた方が体にも金銭的にも良いのは解っているけど辞めれないという状態になり、1日位なら行かない日は作れても3日も経つと我慢できずに店舗に入ってしまうという方も多いです。

 

そしてお金が無いと借金してでも打ってしまうので非常に恐ろしいもので、ネガティブな事を理解出来ているにも関わらずに抜ける事が出来ないものです。

 

そこで依存から抜ける為の手がかりとして、あえて普段とは別の事を始めるのが効果的です。

 

いかにギャンブル依存が悪いかと言われたり気が付いた所で治りませんし、単純に禁止して辞めれるなら苦労はしません、そこで普段とは違う事を行う時間を作る事です。

 

ギャンブルに行っていた所を友達とスポーツするようにしたり、釣りや旅行に行ったりと、少しでもパチンコやパチスロを打つ時間を少なくしていく事が良いですし、外に出る時にあえて現金やカードを持たずに行くのも効果的です。

 

パチンコをやりたくてもやれない状態を作り出していくのが良いでしょう。

 

習慣のものですし、3カ月程打たない状況を作り出す事が出来れば依存から抜けれる可能性は高いです。

 

人間の習慣は3カ月辺りの継続が目安になり、習慣を変える事が出来ると言われるので、チャレンジしてみましょう。

ギャンブル依存症を一緒に克服するグループに参加してみませんか

ilm17_da01001-sパチンコやパチスロがやめたくてもやめられないのはタバコやお酒なかなかやめられないのと一緒で辞めるのにすごく苦労します。

 

ギャンブルやタバコ、お酒を辞められないのは自分の意志が弱いからではなく、れっきとした依存症で治療が必要です。

 

大勝ちしたときのうれしさや興奮を脳が覚えてしまって、もう一度そのときの興奮を味わいたくて自分の意志に関係なくパチスロを打ちに行ってしまうんです。

 

パチスロ通いをやめるにはしばらくパチスロが無い環境に身を置いて、パチスロより興味が持てるものを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

そうはいってもパチスロが無い環境を作るには精神科の病院に入院してギャンブル依存症の治療を受けるのが一番効果的だと思いますが入院すれば仕事を休まなければならず経済的に難しいですよね。

 

世の中にはギャンブル依存症を一緒に克服しようと自助グループというサークルが結構存在します。

 

ネット検索で「ギャンブル依存症 自助グループ」のキーワードで検索すると全国の自助グループのページが見つかりますので検索のキーワードにご自分の住まわれてる都道府県を入れるとネット上のみや定期的に集まっているグループなど様々な団体が調べられます。

 

ギャンブルはなかなか一人ではやめることが難しく、他の人の手を借りながらギャンブルから少しずつ距離をとってギャンブル以外で楽しめることを探されてはいかがでしょうか。

 

パチスロ通いを続けてトータルの収支でたとえプラスの方が多いと思っていても実際にはマイナスになっている人がほとんどです。

 

大事なお金ですからパチスロで負けて消えてなくなるようなことではあまりにむなしいですもんね。