スティックPCのメリットとデメリット

スティックPCというタイプのパソコンを見たことがあるでしょうか。

見た目は知っている人もおおいUSBメモリーにそっくりでUSBメモリーを少しだけ大きくした感じと言えば間違っていないでしょう。今までのパソコンのイメージにはほど遠いですが、間違いなくパソコンです。

使い方はモニターのHDMI端子にこのスティックPCを差し込むだけで利用することが出来ます。基本ソフトはほとんどでウィンドウズです。

 

スティックPCのメリットは何よりも安いということです。

安い商品ですと1万円程度で手に入れることが出来ます。ただし、HDMI端子があるモニターとキーボードとインターネットへの接続環境が必要です。それに、非常にコンパクトな商品であるので、持ち歩くことが容易であることも大きなメリットです。

 

反対にスティックPCのデメリットはあまり高機能ではないので、いわゆる大きなスペックの必要な作業をすることには全く向いていないということです。

ある程度の価格のスティックPCですとある程度の作業は可能ですが、それでもハイスペックが必要なソフトを動かすには向きません。それにスティックPCだけを持っていてもパソコンの作業をすることはできず、モニターとキーボードとマウスは別途必要になります。

 

スティックPCを利用するのに向く人はスティックPCのメリットがデメリットよりも多いという人になりますが、スティックPCの特性からいうと、スティックPCはある程度利用したい用途を絞ったほうがいいでしょう。