増毛をしているかどうかは見ただけでは分からない!

増毛をしたら、人にばれるのかな?と不安に感じている人も多いですが、増毛をしているかどうかは見ただけでは一般の人にはわかりません。

それは増毛の仕組みによるところが大きな理由です。でも美容院や理容院の人はわかることが多いようですね。

 

増毛をする時、自分の毛に増毛となる人工毛髪を根元にくくり付けていきます。この時の量は、自分の毛一本に対して人工毛髪を2本という場合もありますし、多い場合は6本ということもあるのです。

一気に増えると、周りの人もおかしいと思うので、それを知られないように徐々に増やしていきます。その結果、あまり人に気が付かれないのですね。

 

でも増毛した髪の毛って、ずっとそのままなのでしょうか?髪の毛というのは、一日に何本も自然に抜けています。そのために自分の髪の毛が抜けた時には、増毛した毛も向けてしまうのです。そして髪の毛も伸びてきますね。

 

その伸びた時には増毛の毛を結びつけたところがどんどん伸び来て、髪の根元から離れてくるために、髪の毛を着るタイミングで、増毛の部分の切ってしまうことになるのです。

なんともったいないことですね。そのために増毛は少しずつ少なくなっていくのが自然です。そのために定期的にメンテナンス。

 

少なくなったら、また増毛の処理をする必要があるのです。増毛を希望する人はずっとこのサイクルを続けていかなくてはいけないのです。大変ですが、増毛の技術は日本は世界的に見てもトップレベル。そのために人に知られることなく、増毛をすることが出来るのです。