初めて株式投資をするなら投資信託が安全

アベノミクスの影響で企業の業績が向上し、株価が上昇傾向にあります。

そのため、今まで株式投資をしたことの無いのに購入する人も多くなっています。

 

ただ、「投資をするだけの高額な預金が無いからできない」、「経験が無いのに投資すると、大損をしそうで不安がある」と二の足を踏んでいる人も少なくありません。

そんな人におススメなのが「投資信託」という商品です。

 

投資信託というのは、小さい資金を不特定多数の投資家から募ることで大きな資金に構築し、その資金を株式や債券、不動産などに投資したことによって得られた運用益を投資家に還元するシステムになっています。

 

従って、投資信託の最大のメリットになっているのが、少額の資金でも株式などへ投資をすることが可能なことです。

個人で購入する場合は以前より買いやすくなったとはいえ、20万円程度の資金が必要になりますが、投資信託なら1万円でも投資ができます。

 

また、投資信託では投資対象を一つだけではなく複数に分散させているため、株式を購入した企業が倒産したことによって投資資金がすべて消滅するという危険が無くなります。

しかも、投資を担当しているのがプロのファンドマネージャーであるため、何の知識も経験も無い素人が選択した投資よりも、数段確実で効率的な運用がなされています。

 

投資信託は初めて投資する人にはうってつけの商品ですが、販売手数料や信託報酬などのコストが掛かります。