ビットフライヤーはきちんとした会社なので安心して取引できます。

ビットフライヤーは今や多くの人が使っている仮装通貨ビットコインを売買する取引所のことですが、ビットコイン自体目には見えなくてインターネット上で取引するために取引することに関しては不安を感じるものだと思われます。

 

確かに今までにビットコインに関してはトラブルもありニュースになったこともありましたが、ビットコイン自体は安心して使用できる通貨です。ビットフライヤーに関しては株式上場しており、主な株主に大手銀行や生命保険会社などが名を連ねている会社です。

 

なのでビットコインを利用するにあたってビットフライヤーを利用することについては特に大きな問題はありません。またアカウントの開設に関しては無料で行えるうえにYahoo!IDやGoogle、Facebookでも簡単にできます。そしてアカウントを維持する料金も特に必要ありません。

 

またビットコインを利用する際には所定の手数料が必要ですが高くても0.15%程度で、それほど費用のかかるものではありません。さらにビットコインの販売に関しての手数料は今のところ無料となっています。

 

さらに仮想通貨でインターネット上で取引するということもあってセキュリティ面でとても心配されるところですが、顧客の情報やビットコインを守るためにいくつものセキュリティシステムを備えており、万全を期しています。

なので自分で設定するIDとパスワードさえきちんと設定しておけば、安心してビットフライヤーを利用することができるのです。

スティックPCのメリットとデメリット

スティックPCというタイプのパソコンを見たことがあるでしょうか。

見た目は知っている人もおおいUSBメモリーにそっくりでUSBメモリーを少しだけ大きくした感じと言えば間違っていないでしょう。今までのパソコンのイメージにはほど遠いですが、間違いなくパソコンです。

使い方はモニターのHDMI端子にこのスティックPCを差し込むだけで利用することが出来ます。基本ソフトはほとんどでウィンドウズです。

 

スティックPCのメリットは何よりも安いということです。

安い商品ですと1万円程度で手に入れることが出来ます。ただし、HDMI端子があるモニターとキーボードとインターネットへの接続環境が必要です。それに、非常にコンパクトな商品であるので、持ち歩くことが容易であることも大きなメリットです。

 

反対にスティックPCのデメリットはあまり高機能ではないので、いわゆる大きなスペックの必要な作業をすることには全く向いていないということです。

ある程度の価格のスティックPCですとある程度の作業は可能ですが、それでもハイスペックが必要なソフトを動かすには向きません。それにスティックPCだけを持っていてもパソコンの作業をすることはできず、モニターとキーボードとマウスは別途必要になります。

 

スティックPCを利用するのに向く人はスティックPCのメリットがデメリットよりも多いという人になりますが、スティックPCの特性からいうと、スティックPCはある程度利用したい用途を絞ったほうがいいでしょう。

ポケットWi-Fiでインターネットゲームをする点で覚えておきたいこと

ポケットWi-Fiというのは、どちらかというと外出先でもネット環境を作りたいと思っていた人たちが利用してきましたが、自宅でも当然使えるわけですから、これ1つあればほかにインターネット回線は必要ない感じる人たちが増えてきています。

 

ただこのようなポケットWi-Fiという無線のものでインターネットゲームができるのかどうかということが気になるものです。ちょっと暇つぶしにゲームをしたい女性は多いに違いありません。かなりスピードも速いポケットWi-Fiですが、ゲームとなるとスピードよりもラグの方が気になるかもしれません。

 

そうなると安定性ということになるのですが、確かに光回線などと比べると少し不安定な面があるかもしれませんが、多くの場合それほど気になることなく、ポケットWi-Fiでインターネットのゲームができるのではないかと思います。

 

ただ注意が必要なのはどのようなゲームを楽しむかということです。つまり対戦型で一瞬のタッチの差が勝敗を分けるようなものだと、ラグにより負けてしまい、イライラしてしまうことになりかねません。それでそうしたスピーディなゲームではなく、もっとゆったりと楽しめるようなゲームを選ぶならば、それほどイライラせずに楽しめるかもしれません。

 

それでポケットWi-Fiはライトなインターネットゲームではそこそこ楽しめますが、ヘビーなものにはちょっときついかもしれません。そのあたりを検討しながら選んでいくことができるでしょう。