お見合いで夫にしたくない条件の上位はギャンブルをする人

タバコと同じでパチンコなどのギャンブルは依存性があり、すぐに辞めるのは難しいです。   まずは、タバコのニコチンと同じように少しずつ辞めていく方法があります。   1日に使う金額、または月ここまでという範囲を決めて、それ以上負けても絶対に決めた金額以上のお金に手をつけないようにします。   それに成功したら、毎日使う金額をちょっとづつ減らしていきましょう。 すぐに辞めるのはできなかったからこそ、少しづつパチンコに費やす時間とお金をやらしていきましょう。   または今すぐ辞めたい方は、身内か恋人にパチンコ依存症である事を打ち明けましょう。 見張ってくれる人が必要です。   怒ってくれて、叱ってくれる人がいないと、なあなあになって今までと同じように辞めることができないでしょう。   奥さんまたは彼女に見限られたくない、そう思えば辞められるのではないでしょうか。   実際お見合いなどで、夫にしたくない条件の上位にギャンブルをする人が入っています。 つまりパチンコをする男性は女性にとって全く魅力的ではありません。 離婚や別れる原因の1つとして充分すぎる理由です。   自分の将来を考えて見ましょう。 このままパチンコに依存していたら、借金が出来て、奥さんや恋人に捨てられてずっと1人で貧乏な生活をすることになるかも。   そんな自分を想像してみてください。   パチンコをやめたいから、家族に相談して、お金の管理をしてもらいましょう。   パチンコをする自分を管理して貰ってください。 1人では辞められなくても家族の支えがあれば辞められるはずです。   将来を駄目にしないためにも、行動しましょう。

私がパチスロに行くのを止めれた理由

私も実はパチスロにはまっていた人間でした。   きっかけは、会社の先輩といって打ったことです。   そのときは、別にたくさん出たわけではありません。しかしながら、負けず嫌いの性格がでてしまい、またいってしまいました。   そして、二回目のときにたくさん出てしまいました。そのときからはまってしまい、暇さえあれば行くようになっていました。   一時は稼ぐことも出来たのですが、次第に負けはじめてきました。   私がやっていたのはハマり台の天井狙い。まず台を探すのに時間がかかり、あっても負けることもあり、勝っても閉店間際まで打って肩こりになっていました。 次第に金のことばかり考えて、心が荒んできたのを覚えています。   そして、私がパチスロを行くのをやめれた理由ですが、私は新しく趣味を見つけたからやめれました。   私がパチスロに行くときは、いつも暇なときでした。 つまり、その暇な時間を潰せばいいと考えました。   この暇な時間を潰す方法のひとつとして、友達と遊ぶことを考えましたが、いつもいつも友達も暇なはずがありません。   そこで、新しく趣味をつくることにしました。   そして、新しく作った趣味がドライブです。 ドライブで景色のいいところに行き、コーヒーやアイス、ご当地品といったものを飲んだり、食べたりするのが楽しいということに気づきました。   その結果、パチスロに行くことは減り、それとともに貯金も増え、時間も増えました。 その結果洋服や食事にお金をかけれるようになりました。   結果的に収支はマイナスのまま終わってしまいましたが、いい勉強になったと思います。   パチスロに行くよりも新しく趣味を見つけて、その趣味に時間をかける方がもっと楽しくすごせますよ。

ギャンブルが辞められない原因とは

●パチスロ・パチンコという行為を本当に楽しんでいるのかを考えること     パチンコやパチスロは少しのお金と時間があれば気軽に始められますが、それだけに生活習慣化して抜け出せなくなる危険も大いに秘めています。   中にはパチンコやパチスロで利益を得ている人もいますが、例え負け続けたとしてもこれまで負けた分を取り返しそうとして更に負けるといった負のスパイラルに陥っている人も大勢います。   では何故その様にトータルで負け越していたとしてもパチンコやパチスロを続ける人が後を絶たないのでしょうか。   大いに考えられるのが、勝った時に感じる快感等による感情の起伏にあるでしょう。   最近のパチンコやパチスロは演出にも非常に凝った造りになっており、勝った時には盛大なファンファーレやアニメーションで祝福してくれますし、例え負けたとしてもあと少しで勝っていたかのような演出が入る物が多くあります。   それに加えて現実の金銭の損得が関わって来る訳ですから、他の日常生活では感じられないような興奮や落胆等が入り混じり、それだけ感情も揺さぶられることになります。   こうして日常生活の中で他の事に興味を示せなくなりますが、逆に考えれば他に熱中できる物を見つけられれば相対的にパチンコやパチスロへの興味も薄れるといえます。   パチンコやパチスロは金銭の損得込で熱中している人が多く、その行為自体が本心から楽しいという人は少ないのではないでしょうか。 それなら一旦パチンコやパチスロに於いての収支表を紙に書いて視覚化し、金銭面でのメリットが無いと把握できれば、他の様々な娯楽に対して優位な点も感じられず、次第に興味も無くなって来ると思います。